アッシー君やメッシー君などは持てているとはいえない。【恋愛心理学で実践する出会い系】

女性に持てる本当の優しさとはなんなのか?

女性に人気のあるクルマを持っていて、電話をするとすぐに迎えに来てくれる。そこで彼らは「アツシー君」と呼ばれていたのだが、いつでも女性のいいなりになる男がやさしい男ではない。それではたんなる「使利な男」である。

 

女性に対してやさしい男というのは、女性のいいなりになる男ではなく、女性が困っているときに助けてくれる男のことをいうのである。いつもやさしい顔をしているのではなく、ときには厳しく叱ることも女性に対するやさしさのひとつなのだ。

 

マスコミなどの情報をうのみにして、表面的な「おもしろさ」や「やさしさ」をモテる男の条件だとカン違いしていては、いつまでたっても、ほんとうのモテる男にはなれないだろう

 

いい女主会見つけ、その人にモテる男になれ1

 

 

最近の統計データを見ると、二十代、三十代の結婚適齢期の独身男女の数は、男性のほうがかなり多い。それに加えて、一部の男性による女性の寡占状態が目立ち、あぶれる男性がそれだけ増えてくる。こんな現状を考えれば、女性を独占する男に文句をいいたくもなるだろうが、こうした男性は、ほんとうにうらやましい存在なのだろうか。

 

大勢の女性を相手にするプレイボーイになるのも、それはそれで男の生き方のひとつだろうが、これは、ふ?っの男性ではなかなかできるものではない。また、寄ってくる女性をとっかえひっかえする男が、それで満足しているとは限らない。数多くの女性とつき合う男性のなかには、自分のことを真剣に考え、愛してくれる恋人ができないというケースが少なくない。

 

 

私の友人にも、女性への接し方がうまく、学生時代も,卒業して社会人になってからも常に女性に不自由したことがないという男性がいた。しかし、彼も三十歳を前にして、いざ結婚の相手を探そうとしたとき、まわりには、

 

結婚したいと思う女性が一人もいなかった。遊び相手にはいいのだが、生涯の伴侶としてはどうもピンとこなかったらしい。結局、彼はある女性と見合い結婚をしたが、それまでした見合いでは、結婚したいと思う女性から何度も断わられたという

何人もの女性と遊ぶことはできても、それがたんなるセックスだけの関係ならば、恋愛とはいえない。だいじなのは、自分の好きな女性に好かれることのはずだ。

オススメ


トップページ