好きな人に気軽に話しかける方法【出会い系サイト攻略】

彼女に近づくための気軽な声のかけ方

《実例》何もいわず、じっと女性を見つめるだけの「ヘンな男」好きな女性ができても、自分から話しかけることができず、ただ見つめるだけという男がいる。それは気が弱いからだが、じっと見つめていれば、女性のほうでも何となく気にはなる。

 

しかし、いくら見つめていても、それ以上の行動を起こさなければ、「ヘンな男」としか思われないだろう。
ある男性が、友だちに誘われて合同コンパに出かけた。中にひと目で気に入った女性がいたのだが、気が弱いため、どうしても彼女に話しかけることができない。しかし、彼女のことが気になるので、彼女のほうばかりを見ていたという。相手の女性も

 

彼の視棋に気がついたが、その後は、彼をまったく無視するようにふるまった。しかも、ほかの女性たちまで彼をヘンな顔をして見るようになり、彼の近くにいるのを避けるようになった。コンパのあとで一人の女性から、「あなた、ちょっと目つきが悪いわよ」といわれてしまった。どうやらその男性は、合同コンパに参加していた女性たち全員から「へンな男」と嫌われてしまったらしい。

 

自意識過剰 が、見つめるだけで行動しない男をつくりあげる気が弱いため、自分から人になかなか話しかけられないという男性は決して少なくないだろう。道に迷ったとき、知らない人に声をかけるのがこわくて、ちょっと聞けばすぐわかったところを、何時間も迷いつづけたという人もいる。そこまでいかなくても、男性には声をかけられるが、女性には声をかけられないという人はかなりいる。

 

こうした男性に共通しているのは、女性に声をかけたとき、そっけない態度をとられたらどうしようという不安が強いということだろう。もっといえば、自分が好きで声をかけた女性に嫌われたらどうしようという不安である。その不安のために、気になる女性がいても、口がきけなくなってしまう。いってみれば、こういう人は自意識過剰なのである。

 

こうした気の弱い人の中には、先の男性のように、ただ相手をじっと見つめている

 

だけだったり、相手のささいな行動までいちいち気にしている、ということが多い。女性もそのあたりは意外に敏感に察知するが、いつまでも見ているだけで行動に出ないでいると、しだいに不安や不快感を感じることが多い。自分に注目している男が何を考えているのかわからないのでは、警戒心の強い女性が不安を感じても当然だろう。最初は、見つめられることに快感をおぼえていた女性でも、じっと見つめるだけで行動を起こさない男性の態度には、やがてうっとうしさ、わずらわしさしか感じないようになっていく。

 

《対策》女性に声をかけるのが苦手なら、何か用事をつくればいい

 

女性に話しかけるのが苦手だという人に、まずいっておきたいのは、いくら好きな女性ができても、はじめて口をきくのに、「好きだ」というセリフはありえないということだ。そんなことをしたら、女性は驚いて逃げていくだけだろう。好き・な人に近づくために話しかけることと、「好きだ」と告白することは違うのである。とにかく最初は、なんでもいいから近づくきっかけをつくることが第一歩になる。たとえば、何か用事をつくって相手に頼むというのでもいい。そして、そのお礼に食事に誘うというやり方もある。

 

 

仕事や勉強の話なら、女性もへンな警戒心を抱かないものである。女性からすると、誘われる場合には、何か下心があるのかな、と、まず瞥戒するのがふつうだ。しかし、用があるのだからと、彼女に話しかける理由がはっきりしていれば、こうした警戒心を持たずに、話しかけてきた男性にそれなりに対応しようとする。このような接触を何度か繰り返し、お互いに相手がわかるようになれば、話もおのずとはずんでくるし、その後の関係もスムーズにいくようになるはずだ。

 

また、場合によっては、電話を使って用事を頼むという方法もある。とくに、電話なら相手の顔も見えないし、その人だけに話しかけることができる。女性の側からすれば、大勢の中から、どうしてわざわざ自分を選んで頼んできたのだろう、ということになるから、かなり効果的な方法といえるだろう。

 

女は、かわいい子だけをエコひいきしない男にやさしさを感じる

 

《実例》こんな態度は女性から嫌われる同期の卒業生が集まって、同窓会気分で私の研究室に遊びにくることがある。会社勤めの子が多い場合、上司の悪口で座が盛り上がることが多い。はたで聞いていると、彼女たちにとくに嫌われるのは、仕事のできるできないにかかわらず、自分の好みのタイプだからと、特定の女性社員をエコひいきする上司であ

 

るようだ。好き嫌いを露骨に出さなくても、仕事を頼むときの声の掛け方や仕事を教えてくれるときの微妙な態度の違いで、「ぁ、あの子はひいきされているな」とか、「私はどうも好かれていないらしい」などと敏感に感じ取る。エコひいきされている当事者である女性社員ほど、陰ではその上司の悪口をひどくいったりもする。

 

忘年会や社員旅行の宴会の席では、差別H はもっと露骨になることが多いらしい。容姿のいい子や男性受けのいい女性社員を隣に座らせて、お酌をさせ、悦に入っている男性もいるという。「会社は仕事をするところなのに、何よ。私たちはホステスじゃないんだからね」と、彼女たちはふんまんやるかたないといった口調で、そういった上司を非難するのである。

オススメ


トップページ