出会い系で使える最強のモテテクニック41項目!!

特別感を出すためには作戦が必要である。

男性が何人か集まれば、かならず始まるのが女性の品評会である。なかでも、容姿の話は話題にしやすく、「A子は顔はいいけど、足が太いからな」とか、「B 子は美人だけど、少し水っぽい」など、自分のことはタナにあげて、言いたい放題のことをいう。男性が女性の容姿を気にするのは、フェミニストからは女性差別だとか性 の蔑視だとかといって非期されるが、じつはそれには生物学的な理由がある。

 

どんなにシャイで受け身な男性でも、セックスのときは和極的にならないとオスとしての機能を果たすことができない。女性に対して積極的になり、性機能を働かせるためには、男性は視覚的な刺激を必要とするからだ。 しかし、容姿のことであれこれとうるさくいう男性ほど、女性にはモテない。

 

 

女性を外見で判断して、ルックスがいい女性だけをチヤホヤする男は、女性から硲実に嫌われたり、不信感を持たれたりする。こういう男性が嫌われるのは、女性をセックスの対象としてしか見ないことに敏感に気づかれてしまうからだ。会社は、男性も女性もなく、人間と人聞が協力し合って一つの仕事をなしとげる場である。そこに、セッ クスの視点を持ち込む男性のことを女性は嫌うのだ。

 

《対策》会社内の女性には、すべて公平に接することで、 女性からも信頼感を持たれる 女性は、容姿で差別されることに敏感だ。男性が女性の容姿にこだわるのは、オス としての性機能のゆえであるといっても、そこで開き直ってしまっては、女性からは 嫌われるだけだ。セックスが射女関係のすべてではないのである。容安にばかりこだ わっていては、精神的に豊かな恋愛もできない。まずは、自分の周囲にいる女性とは 公平につき合うことである。特定のかわいい子だけをチヤホヤしないことだ。

 

 

また、 チヤホヤされている女性にしても、その理由が自分の容姿のよさだけだとわかれば、 決して喜びはしない。 職場で飲み会があったときも、特定の女性社員以外は無視するような子どもっぽいことはしない。刷聞の女性と公平に接していれば、「あの人は 、 うわべだけで人を判 断しない人」と好感を持たれるだろう。

 

 

また、いろいろな女性と話をすることは、容 姿を超えたさまざまな女性の魅力を発見することにつながり、それが女性を見る同を 養うことにもなる。 男性の差別的な態度というものは、自分でも意識していないところで表面にあらわ れるものである。たとえば、好みの女性に対しては「よしこちゃん」と名で呼び、あ まり好きでない女性には「山田さん」と姓で呼ぶといった男性がたまにいる。

 

 

本人は 立識してそうしているのではなくても、女性からは差別と思われがちだ。ふだん から気をつけておくほ、つがいいだろう。 そもそも、容姿のよしあしは個人的な主観であって、判断基準がこれほどあやふや なものもないだろう。個人の好みといっても、川じ人でも、以恭則のときと三十歳の ときとでは変わってくる。それぞれの女性には、それぞれの魅力があるはずだ。自分 で好みのタイプを決めてしまって、それに縛られていると、一人ひとりの個性的な魅 力を見抜くことができなくなる。

 

 

よけいな先入観に縛られないで女性を見れば、そ れだけ個々の女性の魅力をつかむことができるようになってくるだろう。

オススメ


トップページ