いつも笑顔でいる男性に女性は魅力を感じる!【恋愛心理学で実践する出会い系】

女はイヤなことがあっても 明るくふるまう男に魅力を感じる

《実例》たった ひと言で、他人の気分を滅入らせる営業マン ある企業の営業部長から聞いた話だが、彼の部署には絶対に朝一番に顔を合わせたくない常業マンが一人いるそうだ。彼は、夏は「こんなに暑いと、とてもやる気がし ない」といい、冬は「セールスに行っても、寒いから家のドアなんか聞けてくれるは ずがない」と、喫茶山で州を売って仕事をしようとしない。

 

 

雨のけは気分がのらず、 快晴の日はサボって遊びたくなり、春は陽気がよすぎて眠くなってしまうらしい。仕 事ばかりではなく、すべてにおいて年中そんな調子なのだという。 いつも不機嫌な顔をしているものだから、女性からはあまり好かれない。同僚の男 性社員たちも、ほとんど飲みに行こうと誘ったことがないらしい。はじめていっしょ に外回りをした新入社員などは「あの人といると、気が滅入ってくるんですよね」 とこぼす始末だ。

 

 

出かけようとする彼に、女性社員が「がんばってきてください」と声をかけても、暗い表情で「雨になりそうだなあ、行くだけ無駄みたいだけど」など とぼやくので、いまではだれからも声をかけられなくなってしまったそうである。

 

 

《なぜモテないか》女性はムードに流されやすいので、マイナス思考の男を敬遠する

 

 

 

「今日は天気が悪い」「今日は気分が思い」。出会うたびに、こんな言葉を口に する男性がいるものだ。すべてにおいて、思いようにしか物事をとらえない。

 

 

そんな マイナスの考えを言葉に出すことで、ヒリストーを気取ろうとする男性までいる。 しかし、雰囲気というのは他人に伝わるものだ。大学のスポーツクラブの試合など で外野の連中がしきりに声を出し合っているのは、ムードを活気づかせ、選手の意欲 を高めるのが目的だ。

 

 

これはプロ野球の試合などでも同様である。 ムードがよければ元気な気分になるのだが、反対に沈んだムードの中では気分まで 滅入ってしまう。もしチームの中に一人でもマイナス思考的な言葉を使う人聞がいれ ば、自分はもちろん、他人に暗いムl ドを与える。

 

 

そんな雰囲気を受ければ、職場で はまわりの人間も仕事をやる気がしなくなるだろうし、クラブでは純山中けや試合に臨む 意欲が減退してしまうことだろう。

 

とくに女性というのは、男性よりもムードに流されやすい。そこで、暗い気分が伝 染しやすいマイナスの言葉や、あきらめの言葉を口にしたがる男には近づきたくなく なるのだ。 {皮』とのあなたを見る目が変わる「つき合いJi J 《対策》「暑いからだるい」のではなく、「暑いからこそビールがうまい」と考えよう たとえ雨降りの日でも、ユダヤ人は「今日は雨の降るいい天気ですね」という挨拶 の仕方をするそうだ。

 

 

日本人だって雨が嫌いな人ばかりではない。雨が降れば問中の 緑がきれいになるし、新しいカサをさすこともできる。虹だって見えるかもしれない し、彼女と相合いガサで帰れる.可能性だつであるのだ。 このようにしてマイナス要素が多い中にも、かならずプラス町を見つけることによって気分を変えることができる。

 

 

ときには、人生を変えることだってできる。日ごろ から「暑いからヤル気がしない」ではなく、「暑いからきっと仕事のあとのビlルが うまいぞ」といった発想を心がけることがたいせつだ。イヤなことがあっても明るく ふるまえる男の姿に、女性は彼の精神的な強さを感じるのだ。

 

 

いろいろ惑いことが目につく男性は、もともと感受性が豊かな人といえる。

 

 

 

その感受性を自分だけに集中させず、他人へも向け てやるようにしてほしい。知り合いの友性が 落ち込んでいるようなとき、ほかの男性には わからなくても、感受性の強い男性には彼女 の気持ちがわかるはずだ。 落ち込んでいるとき 、どんな言葉に似つきやすく、どんな言葉や行為を求めているのか、 それをいちばんよく理解しているのは、こうしたタイプの男性だ。

 

 

自分がどんな言葉をか けてもらったらうれしいかを考え、自分を励 ますようにして、それとなく相手を励まして やるのである。 失恋などの相談にのってあげたことで関係 の深まった男女は意外に多い。こういう男性 は、いったん自分をわかってもらえれば、表 而的なつき合いではなく、心からのつき合いができるものなのだ。

 

 

そういったときにプラスの言葉で励ますことで、「私の気持ちをわかって、なぐさ めてくれる人」と彼女に認めてもらえるはずだ。

オススメ


トップページ