出会い系でニックネームを決める3つのポイント【恋愛心理学で実践する出会い系】

出会い系でモテルニックネームの付け方

アカウン卜名や、ハンドルネームを決める際、無難なのは本名のもじりです。
-

 

名前っぽい。由来を説明できる。長すぎない

 

以上の3 点です。

 

これらの点にさえ気をつければ、基本的には問題ありません。そのため、出身地、好きなキャラ、アイテムなどを元に、多少改変して使うのが手っ取り早いです。念のため、好きなキャラなどを例に挙げたのは「由来を説
明しやすいためで、もちろん人名にこだわる必要はあリません。、

 

基本的に非出会い系SNS、フェイスブックなど)では長い時間をかけてじっくりプロフィールを作局してもかまいません。対して出会い系サイトでは素早く作成しなければならず、いわゆる婚活サイトCMSN 恋人探し、Yahoo !お見合いなど〉は非常に詳細かつ「正確に」プロフィールを作りこむ必要があります。婚活サイトのプロフィール作成は基本的に「履歴書の書き方と類似していますが、ネットにおける注意点は「出会い系サイトと共通する部分が多い」ため、ここでは「非出会い系SN Sと「出会い系および婚活サイト」に分けて説明します。

 

個人情報

 

 

非出会い系SNSでは、フェイスブックなど「本名での登録が基本」のサービスを除いてハンドルネームと性別、居住地域を登録しておけば問題ありません。そもそも、そのほかの要素は項目が無い場合も少なくないのですが、もし身長と生まれ年が登録可能なら「必ず正確に登録すべき」です。非常に多くの女性が「身長と年齢」を気にするので、これらの情報が登録されていないと不利です。

 

年齢や身長はコンプレックス要因でもありますが、さぱを読むのはお勧めしません。実際に会うとほぼ例外なく嘘が露見し、場合によってはトラブルにも発展しかねないためです。また、在学中の場合は「学生であると明記すべきです。そうしないと、ある程度の収入があるとみなされ、分不相応の出費につながる可能性があります。具体的には、学生同士の付き合いなら「高級ホテルのロビーや喫茶スペース」はまず使いませんし、タクシーもほとんど使わないでしょう。

 

また、回転しないすし屋や「ファミリーじゃないレストランも同様でしょうが、社会人相手だと「思いのほかそういう場所やサービスを使うのです。最近は女性とのささ際においても割り勘が基本となりつつありますが、

 

たとえ割り勘でも出費が大幅に増えます。まして「奪ることになったら、借金を余儀なくされることすらあるのです。

オススメ


トップページ