フェイスブックのニックネームの考え方【恋愛心理学で実践する出会い系】

フェイスブックは「本名が基本」のサービス

フェイスブックは本名であることに加え、学歴や職歴を記入することが推奨されている点が特殊な非出会い系SNSです。しかし、支際相手を探す場合は、それらの情報を記入しないほうが無難です。なぜなら、フェイスブックは検索時の連携機能があるため、同窓生やクラスメイト、同僚などと「自動的につながってしまう」可能性が高いのです。もし、同窓生やクラスメイト、同僚などとつながりたい場合は別ですが、そういう人々に

 

「斐際相手を探していること」がさらけ出されてしまうのは、あまリ良くないことを引き起こす可能性が高く、お勧めてきません。

 

-出会い系および婚活サイト

 

次に、出会い系および婚活サイトでは可能な隈リすべての項目についてなんらかの情報を登録」しなければなりません。また、婚活サイトでは、たとえば年齢を20 代とするなど「あいまいな情報は警戒されるので、

 

年齢であれば2X 歳、誕生日はO 月×日などのように、きちんと正確に書く必要があります。実名については「ハンドルネーム可のサービスもあるので、それぞれの規約に従えば問題ないのですが、その他の項目についてはすべて登録してください。婚活サイトの場合は「年収」も含めて登録が必要ですから、学生や無職など定収が無い場合は、残念ですが別のサービスを利用したほうが良いでしょう。

 

非出会い系SNS

 

特殊な場合をを除いて、顔写真を載せず、かわりに適当なアイコンやアバターを使用しでも問題ありません。似顔絵の必要もあリません。ただし、そのサービスで「顔写真登録者が多数派」であれば、後述する良い顔写真の例を参考にしつつ「必ず登録すべきです。支際相手を探す女性は「顔写真を重視するので、他の男性が顔写真を登録している場合、あなたも同様に登録していないと非常に不利です。逆に言えば、ほとんどの男女が顔写真を登録していないサービスは交際相手を探す人が少ないので、短期間で交際相手を見つけたいのであれば、他のサービスを検討すべきです

 

さて、顔写真のかわリにアイコンやアバターを使う場合ですが、どんなアイコン画像でも良いわけではありません。特に止めるべきなのは「アニメアイコン」です。中でもいわゆる美少女アニメ、エロゲーヒロインなど
の「萌え絵」や「口リータ画像を使っている男性はクモやゴキブリのアイコンのほうがまだましなぐらい嫌われています。また、信じられないかもしれませんがアイゴンに「バナナやソーセージなどでペニスをかたともっ
た画像や「あわぴや切り株などでペニスや女性器をイメジさせる画像を使う人がいます。この手の工口ネタは厳禁です。

 

同様に止めた方が良いのが犬猫などの小動物、そして「日の丸などの政治的メッセージがこめられた画像」です。風景や乗物(自己所有車のぞく〉などもお勧めできませんが、これは「アイコンだと小さすぎてナこがなん
だかわからないためで、少なくともネガティプイメージは薄いですね。当然ながら「著作権が存在する画像や「他の登録者と同じ画像」または「初期設定画像」は論外です。同様に「歴史上の人物や著名人の写真」も
論外で、基本的にネタやギャグ扱いですから、支際相手を探すのなら避けるべきです。

 

その他、なぜか「女性のアイコンや画像で女性の交際相手を探す男性をたまに見かけますが、あまりにも高度すぎてほとんどの女性は理解できません。そもそも、想定している交際相手は女性なのですから、女性アイコンやアバターに対して「女性がどう反応するのか、考えればすぐ答えは出ると思います。もしもあなたがヒゲ親父イコンの女性から交際を求められたらどのように感じるかを考えればわかりますよねつ個人的に「顔写真以外でオススメなのは、ネガティブイメージも少ない記号系アイコンかアバター、あるいは「似顔絵です。ただ、お寿司やたこ焼きのアイコンに食いつく女性がいたので、個人的には食べ物も悪くは無いと思うのですが、自信を持ってお勧めできるかといわれると-まあよければどうぞといったところですね。

オススメ


トップページ